まねき屋の張子blog

まねき屋の張子作業に関するblogです
ぼちぼちと更新して行きます
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

今更ですが

 



よろしければ本家サイトの の方へも
お越し下さいませ(^−^)/

にほんブログ村 雑貨ブログ 和雑貨へにほんブログ村 美術ブログ 工芸へ人気blogランキングへ

雑多 | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |

遅ればせながらですが



今年も当blogにお付き合いの程、よろしくお願い申し上げます。



よろしければ本家サイトの  の方へも
お越し下さいませ(^−^)/

にほんブログ村 雑貨ブログ 和雑貨へにほんブログ村 美術ブログ 工芸へ人気blogランキングへ
雑多 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

遅ればせながらですが


今年も当blogにお付き合いの程、よろしくお願い申し上げます。



よろしければ本家サイトの の方へも
お越し下さいませ(^−^)/

にほんブログ村 雑貨ブログ 和雑貨へにほんブログ村 美術ブログ 工芸へ人気blogランキングへ
雑多 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

今更ですが……




今年も当blogにお付き合いの程、よろしくお願い申し上げます。



よろしければ本家サイトの の方へも
お越し下さいませ(^−^)/

にほんブログ村 雑貨ブログ 和雑貨へにほんブログ村 美術ブログ 工芸へ人気blogランキングへ
雑多 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

メンテナンス その4

前回貼り終わった布貼りの上に紙を貼っていきます。

接着剤で固めた布は、まるでヤスリの様な質感になっています。
そのままでは張子を痛めてしまう事もあるので
紙を貼って当たりが柔らかくなる様にします。

紙貼りには反故紙(ほごし)を使います。
反故紙とは、使い古しの紙の事です。
反故紙や新聞紙を貼る、と言うのも
昔からある、柳行李を長持ちさせる方法です。

今回は近所の書道教室から書き損じの半紙を貰いました。

一枚ずつ糊で貼って行きます。


1枚目が貼り終わって乾いたら

更に重に貼って仕上げます。


紙が乾燥したら、縁に布を貼って行きます。


持ち運びの際のすべり止めと、装飾の意味もあります。

これでやっと完成です。


柳行李本来の通気性はかなり失われてしまいましたが
これで最低あと10年は持ってくれる筈ですw



よろしければ本家サイトの の方へも
お越し下さいませ(^−^)/

にほんブログ村 雑貨ブログ 和雑貨へにほんブログ村 美術ブログ 工芸へ人気blogランキングへ

雑多 | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |

メンテナンス その3

行李を更に頑丈にする為に、
木工用ボンドで布を貼り付けます。
使い古しの日本手拭いを利用します。

木工用ボンドを上からも塗りこんで
行李と布を一体化させます。

一面ずつ貼り付けて行きます。




底の部分は柄の違う物を使ってみましたw

今回は、昔浅草で買った手拭いを使いました。
「紗綾型(さあやがた)」と「鹿の子」と言う
伝統柄物を使いましたので、ちょっとお洒落になりましたw

でも次は、これの上に紙を貼って行きます。
折角の模様が勿体無いかも知れませんが、
これはあくまでも下貼りなのです。


よろしければ本家サイトの の方へも
お越し下さいませ(^−^)/

にほんブログ村 雑貨ブログ 和雑貨へにほんブログ村 美術ブログ 工芸へ人気blogランキングへ

雑多 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

メンテナンス その2

少しずつ補修をして行って
柳行李の大きな穴は無理矢理塞ぎました。



そして次の作業に取り掛かります。


木工用ボンドを少し水で溶きます。


それを柳行李に塗り込んで、隙間を埋めます。



一度では埋まりきりませんので
乾いてから何回も塗り込んで行きます。

内側が終わったら、外側も塗ります。




糊を刷毛で塗って目止めをする、と言うのは
昔からある、柳行李を長持ちさせる方法です。
当方はそれを木工用ボンドでやって、更に丈夫にさせています。


ちょっとその場を離れると
すぐにネコが邪魔しに来てしまいます。
そして、中々この場を退いてくれません。

退かそうとすると、牙を剥いて怒ります……(-_-;)


よろしければ本家サイトの の方へも
お越し下さいませ(^−^)/

にほんブログ村 雑貨ブログ 和雑貨へにほんブログ村 美術ブログ 工芸へ人気blogランキングへ

雑多 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

メンテナンス その1

かなりのご無沙汰をしてしまいました……

年末年始の激動時期を何とか乗り越えて
色々バタバタしていたら、もう春ですね……

作業的には暫く一段落です。
この時期を利用して、道具のメンテナンスをします。

当方は張子の在庫置き場と、出店への運搬用に
柳行李を使っています。
柳行李は軽くて扱いやすく
更に、露店では雰囲気の演出に効果的ですw

今、使用している柳行李は、全て拾った物です。
以前住んでいた場所は、古い家が多かったので
粗大ごみの日には、良く柳行李が捨てられていました。

当方は、本来柳行李が想定していない
かなり荒っぽい使い方をしていますので
段々に破損して来てしまいます。
以前は壊れた柳行李は捨てて
新たな柳行李を拾って使っていました。

ですが、その後、粗大ごみ収集は申し込み制になり
自由に拾う事が出来無くなりました。
買うとなると、古い物でも何万円。
日本製の新品だと物によっては10万円以上します!
そんなの、とても怖くて買えません。

なので、何年もの間、ガムテープで誤魔化し誤魔化し
しながら使用していたのですが
あまりにも破損が酷くなったので
修理する事にしました。

ガムテープを剥がしてみたらびっくり!
こんなに壊れていました




特に、此処の角の破損が酷かったです。
こんなになっていたなんて……(-_-;)

修復には、以前捨てた柳行李の中で
綺麗な部分だけを切り取って保存していた物を使います。


柳行李は、行李用の柳の枝を編んで作っています。
網目毎に大きな凹凸があり、波打っており
一本々々微妙に形が違っています。

それに合う様な部分を探し出して、切り取って当て嵌めます。



とは言え、完全にぴったり来る部品は、そうはありませんので
適当な所で妥協します。

ガムテープで仮止めをして木工用ボンドで隙間を埋めます。



それが乾いて貼り合わさったら、隣の一本分の作業を進めます。
その作業を地道に続けます……


よろしければ本家サイトの の方へも
お越し下さいませ(^−^)/

にほんブログ村 雑貨ブログ 和雑貨へにほんブログ村 美術ブログ 工芸へ人気blogランキングへ

雑多 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

ご利益は……!?

名古屋の大須観音の近くに
「紙張り地蔵」と言うのがあります。
当方の商売に無関係とはとても思えません。
これは是非行って置かなければ、と言う事で
先日早速行ってみました。

場所は大須観音の北西。
とあるお寺の中の小さなお堂にそれはありました。
何千枚とお札が張り付けられているのでしょう。
お地蔵さん本体は全く見えなくなっています。

2枚10円のお札を買って、お地蔵さんに押し付けます。

すると、たちまちお札に水が染み込んで張り付きます。

そして上から水を掛けます。
全てのお札は、水の表面張力だけで貼られていたのですね。
水を後から掛けるのは、水掛不動と同じ理由でしょうが
次に紙を張る人の為でもある様です。


本当はもっと色々な角度から写真を撮りたかったのですが
順番待ちの人が何人も居ましたのでそれは断念しました。

何時もこんな風に行列があるのかどうかは判りません。
その日は大須観音の縁日でもあった為かも知れません。
また、空いている時に撮影したいと思います。

多くの職業には守護神もしくは始祖神が居ますが
張子と言う職業にはそれは無い様です。
なので、これからこのお地蔵さんをご本尊にして
まねき屋の発展を祈って行きたいと思いますw


よろしければ本家サイトの の方へも
お越し下さいませ(^−^)/

にほんブログ村 雑貨ブログ 和雑貨へにほんブログ村 美術ブログ 工芸・陶芸へ人気blogランキングへ
雑多 | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |

撮影中……

スタジオセット

カタログ用の画像を撮影中。
中々捗りません……

露出の調整が難しいです……(^ω^;)

にほんブログ村 雑貨ブログ 和雑貨へにほんブログ村 美術ブログ 工芸・陶芸へ
雑多 | permalink | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |