まねき屋の張子blog

まねき屋の張子作業に関するblogです
ぼちぼちと更新して行きます
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

新型作り その6

完成したシリコン型に樹脂を流し込みます。

樹脂攪拌中。

胴体の型に流し込みます。



ちょっとこぼしてしまいました。勿体無い……(^ω^;)

首の型にも流し込みます。


こちらはこぼさずに注型出来ましたw

固まったらシリコン型を割って、樹脂型を取り出します。



首の型は、湯口がそのまま型の一部になっているので、
これで元型の完成です。

胴体の型も、固まったら取り出します。



胴体の方は湯口を除去しなければなりません。

ノコギリで大体の部分を切除します。

ヤスリで荒削りをします。


この後、研磨作業になります。

研磨作業に関しては以前の記事を御参照下さい。
その1
その2
その3
その4
その5

型が出来る迄には、この様に何段階もの手間が掛かりますが
一度シリコン型を作ってしまえば
樹脂を流し込んで、同じ型が幾つでも作れます。
また、型が破損、磨耗をしても、比較的簡単に補修が出来ます。
それが木の型には無い、大きな利点です。


で、今この型を使って新作を作成中です。
完成しましたら、後日このblogでもUPします。


よろしければ本家サイトの の方へも
お越し下さいませ(^−^)/

にほんブログ村 雑貨ブログ 和雑貨へにほんブログ村 美術ブログ 工芸へ人気blogランキングへ

型作業 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

新型作り その5

もう半面のシリコン型を取る為の枠を作ります。




シリコンを流し込みます。




シリコンが固まったら枠を外します。







石膏の外枠を作る為の枠を作ります。




石膏を流し込みます。




石膏が固まったら枠を取り外します。




石膏型を取り外して、首のシリコン型はこれで完成です。




胴体の方は、まだ一作業残っています。

腕の間に詰めた油粘土を外します。



湯口を取り付けます。



隙間にシリコンを流し込みます。



シリコンが固まったら中の石膏型を取り外します。

これで胴体のシリコン型の完成です。



よろしければ本家サイトの の方へも
お越し下さいませ(^−^)/

にほんブログ村 雑貨ブログ 和雑貨へにほんブログ村 美術ブログ 工芸へ人気blogランキングへ

型作業 | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |

新型作り その4

石膏型を樹脂型に移し変える為の
シリコン型を作成します。
石膏型にはシリコンの型離れを良くする為に
ラッカーを塗っておきます。

まず、半面の型を取る為に、半分油粘土に埋めます。



シリコンを流し込む為の型枠を作ります。



型枠にシリコンを流し込みます。


シリコンが固まったら型枠を取り外します。
シリコン型の外側に一回り大きな型枠を取り付けます。



其処に石膏を流し込みます。


こうしてシリコン型を保護する為の石膏枠を作ります。


こうして半面の型取りが完成しました。


胴体の方はやや特殊な形をしているので
更に型取り作業をする為に一部を油粘土で埋めます。


(続く)


よろしければ本家サイトの の方へも
お越し下さいませ(^−^)/

にほんブログ村 雑貨ブログ 和雑貨へにほんブログ村 美術ブログ 工芸へ人気blogランキングへ

型作業 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

新型作り その3

型枠に石膏を流し込みます。



石膏が固まったら、型から割り出します。



湯口やバリ等の余分な部分を取り除きます。
そして、粘土型では表現しきれない細かい部分の細工をします。




石膏型が完成したら、其処からシリコン型を作ります。

(続く)


よろしければ本家サイトの の方へも
お越し下さいませ(^−^)/

にほんブログ村 雑貨ブログ 和雑貨へにほんブログ村 美術ブログ 工芸へ人気blogランキングへ

型作業 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

新型作り その2

粘土型が出来たら、それを石膏に移し変えます。

型枠に粘土型を設置します。


其処に型取り材を流し込んで、半面を型取ります。





型取り材が固まったら
もう半面を型取りをする為に型枠を取り付けます。
反対側は上から型取り材を流し込みます。



型取り材が固まったら型枠を外し、粘土型を取り出します。



石膏を流し込む為に湯口(ゆぐち)を切ります。






次はこの型に石膏を流し込みます。

(続く)


よろしければ本家サイトの の方へも
お越し下さいませ(^−^)/

にほんブログ村 雑貨ブログ 和雑貨へにほんブログ村 美術ブログ 工芸へ人気blogランキングへ

型作業 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

新型作り その1

久し振りのblogです……(^ω^;)

今夏も東京・谷中の雑貨店Iriasでの「お化け物産展」に参加予定です。
会期の詳細はまた後日お知らせします。
で、それに新作を出すべく、新しい物を幾つか製作中です。

その中の一つ、「幽霊の首振り」の型作りの様子を
段階を追って紹介して行きます。

型作りの最初は粘土型作りです。
造形用の油粘土を使って型を作って行きます。

昔は、型は木を掘って作っていましたが
型の耐久性と、後々の作業効率の点から
現在は合成樹脂で型作りをしています。
その為の原型を、油粘土で作ります。

首振りの型なので、首と


胴体を別々に作ります。


油粘土ではあまり細かい部分の造形は出来ませんので
大まかな形に仕上げます。


(続く)



よろしければ本家サイトの の方へも
お越し下さいませ(^−^)/

にほんブログ村 雑貨ブログ 和雑貨へにほんブログ村 美術ブログ 工芸へ人気blogランキングへ

型作業 | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |

やっと終了……

バフ掛け、やっと終わりました……

前回UPした様に、恐ろしく汗だくになってしまうのと
ひたすら前屈みで作業しなければならないので
一日の作業は3時間が限度です。
そして一日分の作業を終えると
ぐったりとなってしまいます……(´・ω・`)
毎日少しずつ作業をして、何とか全て磨き終えました。


こちらがバフ掛けし終えた型の山。
新規の型、既存の型の追加と補修で
大小合わせて246個。
中々大変でした……
でも、型は一度作ってしまえば長く使えるので
苦労しただけの甲斐はあります。

前回も書きましたが、バフは消耗が激しく
作業中は繊維クズが恐ろしく飛び散ります。
一日の作業を終えた状態がこちら。
地面に綿ホコリが降り積もっています。

この日は風がちょっと吹いていたので
あちこちで塊を作ってしまいましたが
風の無い日だと、全体にうっすら雪が積もった様になります。
なので部屋の中では絶対にこの作業は出来ません……

ホウキで穿き集めてみたら、こんな塊になりましたw


とにかくこれでやっと作業が次の段階へ移れます。
次からは「紙張り」と言う、ひたすら地味な作業が続きます……


よろしければ本家サイトの の方へも
お越し下さいませ(^−^)/

にほんブログ村 雑貨ブログ 和雑貨へにほんブログ村 美術ブログ 工芸へ人気blogランキングへ
型作業 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

バフ掛け

型作りの最終作業はバフ掛けです。

バフは自作しています。
勿論市販品もありますが、
バフはとても消耗が激しいので
お金の節約が第一です(^ω^;)


着古した木綿のシャツを適当な大きさに切って
20枚ほど重ね、真ん中に千枚通しで穴を開けて
軸を通して固定します。


このバフに研磨剤を染み込ませて型を磨きます。


バフ掛け中は、研磨剤とバフの繊維が激しく飛び散ります。

それから身体を防御する為には全身の装備が必要です。

厚手の前掛けをして袖カバーを付け
顔面を保護する為に防護面を装着します。
手には勿論、厚手のゴム手袋をします。

風呂場での研磨作業の時以上に
急な来客があると非常に困る格好です。
因みにこの作業、玄関先でして居ますw

蒸し暑いこの時期にはとても辛い格好です。
出来たら涼しい時期に作業したいのですが
年間スケジュールの都合上
どうしてもこの時期になってしまいます。
汗だくになりながら、全身ホコリまみれになりながら
作業をしなければなりません……

型の大きさや形にもよりますが
30個も磨けばバフがこれくらいすり減ります。

つまり、それだけの繊維クズが周囲に飛び散っている訳です。
室内ではとても作業出来ません。
なので玄関先で作業して居る次第です……


よろしければ本家サイトの の方へも
お越し下さいませ(^−^)/

にほんブログ村 雑貨ブログ 和雑貨へにほんブログ村 美術ブログ 工芸へ人気blogランキングへ
型作業 | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |

ピカピカ♪


こちらは以前もUPした、荒研ぎの段階です。


こちらは中研ぎの段階。


こちらは仕上げ研ぎの段階。


最後にバフ掛けしてツヤを出します。
これでやっと張子の型として使える様になります。

バフ掛けは風呂場での研磨以上に辛い作業です。
その様子も後日UPしますです……


よろしければ本家サイトの の方へも
お越し下さいませ(^−^)/

にほんブログ村 雑貨ブログ 和雑貨へにほんブログ村 美術ブログ 工芸へ人気blogランキングへ
型作業 | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |

ひたすら研磨中

引き続き、型の研磨作業をしています。
大小色々合わせて200個以上ありますので
まだまだ掛かります……

画像は研磨に使用している軸付きゴム砥石。
型を研磨すると共に、自身も削られて行きます。

型の大きさ、形によって減り具合は違いますが
50個も研磨するとこれ具合磨り減ってしまいます。

これ以上使うと軸が露出してしまい
それが当たって型を傷めてしまう事がありますので
これくらいで新しい砥石に交換します。
型研磨にも結構お金が掛かります……(-_-;)


本家サイトに新カテゴリの【その他】を追加しました。
干支、招き猫以外の物を紹介して行きますが
現在の所は「動物モノ」「民話物」の2種です。

よろしければ本家サイトの の方へも
お越し下さいませ(^−^)/

にほんブログ村 雑貨ブログ 和雑貨へにほんブログ村 美術ブログ 工芸へ人気blogランキングへ
型作業 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |