まねき屋の張子blog

まねき屋の張子作業に関するblogです
ぼちぼちと更新して行きます
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

組み立て

こちらの画像は、前回色塗りをした物に
クリアラッカーを塗った物です。

少し艶消しをしたラッカーを塗る事により
自然な艶を出すと共に、表面が汚れない様にしています。

胴体と首の取り付けをします。
首には作業の際に生じたバリがありますので
ニッパーでそれを除去して形を整えます。




本体と合わせて、全体のバランスを見て
針を通す穴の当たりを付けます。


専用の道具を使って上下に穴を開けます。





その穴に針を通します。





首に重りを取り付けます。
重りにはテープ状の鉛の板を使っています。

電池は大きさの比較の為の物ですw

釣りに使われる鉛板は厚さが0.25mmですが
これは0.5mmあります。
鉛のメーカーから買っているのですが
どう言う物に使われる為の商品なのかは判りません。
放射能除けの目貼り用のテープなのかも知れませんねw

鉛のテープを使用しているのは
重りの部分がコンパクトに出来る上に
大きさ(重さ)が自由に変えられる為です。

俵ねずみの場合は、これくらいの大きさを使用します。



それを丸めて形を整えます。



そして首の中に差し込みます。


隙間に接着剤を充填して固定します。

本体に合わせて首の動きの調子を見ます。




テープで仮止めをして動きを確認します。

重りの位置や角度を変える事で
より首が振れる様に調整します。

OKならば本止めをします。

これで完成です♪


来年の干支、ねずみの特集ページを設けました。
よろしければ本家サイトの の方へも
お越し下さいませ(^−^)/

にほんブログ村 雑貨ブログ 和雑貨へにほんブログ村 美術ブログ 工芸へ人気blogランキングへ
組み立て | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |