まねき屋の張子blog

まねき屋の張子作業に関するblogです
ぼちぼちと更新して行きます
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< テキヤの実際 その4 | main | うさぎ特集ページ開設 >>

テキヤの実際 その5

 さて、祭の時間もそろそろ終わりに近付きました。

出店が何時終わるか、は祭によって違います。
夕方に終わる祭もあれば
夜遅くまでやっている祭もあります。
終了時刻は凡そなのが普通ですが
「何時までに撤収完了しなければならない」
と言う祭もあります。
また、勿論人出に影響もされます。
客足が途絶えれば
早々に片付けを始めてしまいます。

初詣の場合は大晦日の晩から
元日の晩までぶっ続けの出店になります。
当方は現在は初詣の出店はしていませんが
以前やっていた時は
大晦日の晩8時頃から出店を始め
商売をしながら新年を迎え
そして朝を迎え
そのまま晩まで商売をしていました。
出店しながら夜明けを迎えるのは
中々の風情のある物でしたが、
睡眠もろくに出来ず、寒さもあり
かなり辛度い物ではありました……


商売の開始は勝手に決められませんが
商売の終了はそれぞれの自由です。
祭の最中に勝手に店じまいをしても
問題はありません。

ただ、周りが片付け始めたのに
何時までも一人だけ
商売を続けている訳には行きません。
出店の場所や状況にもよりますが
出店の撤収も人や車が一気にごった返しますので
他の人の撤収作業の邪魔になります。
その辺りは回りに合わせなければなりません。
勿論、お客様が引きも切らず
応対が続いている場合は別です。

屋台をバラし、荷物を車に積んだら
後はもう勝手に帰るだけです。
一応当方は両隣や顔見知りの人に
挨拶はしますが
それをしない人も居ます。
祭を仕切っている人にも挨拶をしたいのですが
その人が祭の場に既に居ない場合もありますし
見回りをしていて何処に居るか判らない事もあります。
なので、あくまでも可能な場合のみ挨拶をして行きます。

そして車に乗り込み、場を後にします。
これで出店は全て終了です。
何か事情が無い限り
また来年の祭に同じ手続きをして出店します。
そうやってテキヤは生活しています。

(多分終わり)


よろしければ本家サイトの の方へも
お越し下さいませ(^−^)/

にほんブログ村 雑貨ブログ 和雑貨へにほんブログ村 美術ブログ 工芸へ人気blogランキングへ
四方山話 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hariko-nikki.hariko-manekiya.com/trackback/1001371
この記事に対するトラックバック