まねき屋の張子blog

まねき屋の張子作業に関するblogです
ぼちぼちと更新して行きます
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< お化け物産展と妖怪張子新作 | main | 辰特集ページ開設 >>

テキヤの実際 その6

 久し振りのシリーズ続編です……


テキヤには様々な人が居ます。
多くは「組(←決して暴力団ではありません!)」
に所属している「プロ」ですが
中には当方の様に、非組員の「シロウト」の立場の露店商も居ます。
そして、そう言う「シロウト」にも色々な人が居ます。

以前、祭りの露店の数が急増した事がありました。
1995年頃からの数年間です。
それはバブルが崩壊し、職を失った人達が
一斉に露店商に流れ込んで来た為でした。

当時出店をしていた夏祭りでは
決められた出店領域では収まりきれない程で
それこそギュウギュウ詰め状態でした。
その多くは、比較的簡単に商売が出来る
「お好み焼き」や「たこ焼き」等を売っていました。
ですが、露店商が商売として「美味しくない」事が判ると
その人達は一斉に去って行ってしまいました。

露店商は商売としては美味しい物ではありません。
極端に他と差別化出来る商品は少ないですし
出店の場所によって売り上げの差が大きく、
何よりも天気によって売り上げが大きく左右されます。
雨は勿論、暑過ぎても寒過ぎても
風が強くても客足は鈍ります。
強風で露店が破損する事も少なくありません。

売り上げ自体も、例えばお好み焼きを1枚売って
精々300円とか500円と言った所。
そして、出店出来る場所(祭礼)は限られています。
イベントや市民祭り等、露店商組合を通さずに
出店出来る場所を積極的に開拓出来る人でしたら良いでしょうが
そうでない人が露店の収入だけで食べていくのは
中々容易な事ではありません。

なので、バブル崩壊後の一時凌ぎで露店商になった人達は
それに気付くとさ〜っと潮が引くように去って行ってしまいました。
結局、残ったのは昔から露店をやっている人達だけでした。
露店商組合は「来る者は拒まず、去る者は追わず」の立場の様です。
露店商は、社会からはみ出してしまった人達の
受け皿的な役割も果たしている、と言えるでしょう。
ある意味、露店商は社会のセーフティネットなのかも知れません。
去って行った人達がその後どうなったのかは勿論判りません。
ちゃんと新たな職に就けていたら良いのですが……

所で、出店の数が減ると祭りが寂しくなります。
急激に増えた分が無くなっただけなので
実際には元の数に戻った訳なのですが
何か寂れた感じが出てしまっていました。
その所為か、祭りの人出はその後減り続けて行ってしまいました。
イナゴの大群に襲われて、
荒された畑だけが残った、みたいに感じました……


そもそも「金儲け」だけをしたいのであれば露店商は向いていません。
「商売」をしたいだけなら露店である必要はありません。
露店商は、露店で商売をする事自体が楽しいからやっている、
と言っても過言では無いでしょう。

因みに当方は、お客様とダイレクトにやり取りが出来るライブ感、
自分も祭りの雰囲気を作っている側だ、と言う参加者意識、
祭礼の間だけ、その町に訪れ生活をし、
祭礼が終わると跡形も残さずに去って行く、と言う「マレビト」感、
が楽しくてやっていますね〜
それはお金には代えられない楽しみと言えます。

そんな事に楽しさを感じている様では
大きな金儲けはまず出来ませんよね……(-_-;)



よろしければ本家サイトの の方へも
お越し下さいませ(^−^)/

にほんブログ村 雑貨ブログ 和雑貨へにほんブログ村 美術ブログ 工芸へ人気blogランキングへ
四方山話 | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |

この記事に対するコメント

こんばんは。
地元の新横浜公園(日産スタジアム)でフリマが定期的に開催されていますが、組合員は主に屋台飲食店経営(移動車屋台)です。飲食店は衛生管理が求められるのと、ゴミ処理が求められるので組合に入っていないと出店できないみたいです。飲食店以外であれば農林水産物を含めて、出店費用さえ払えば出店できるそうです。
これが町内会などが主催の新横浜公園のお祭りになるともっともっとややこしくなるようですが…(詳しくはよくわかりませんが…)
北条氏康 | 2011/10/10 11:01 PM

>>北条氏康さん
書き掛けを間違えてUPしてしまい、
それにコメントが付いていたので
びっくりしてしまいました(^ω^;)

もう一度本文をお読み頂けましたら
嬉しく思います。
m( _ _ )m


あ、そう言う違いがあるのですねー
確かに当方はフリマへの出店は簡単でしたが
飲食物では無かったからなのですね。
勉強になりました。
有難う御座居ました(^−^)
まねき屋 | 2011/10/11 5:02 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hariko-nikki.hariko-manekiya.com/trackback/1001379
この記事に対するトラックバック