まねき屋の張子blog

まねき屋の張子作業に関するblogです
ぼちぼちと更新して行きます
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 馬の修理 その4 | main | 羊特集ページ開設 >>

馬の修理 その5

さていよいよパーツの組み合わせ、取り付けだ。

まずは後ろ脚を。
胴体のボール紙に竹の骨を通す穴を開ける。


そこに竹の骨を通す。



その際、竹の骨の削って先端が胴体の天井に
丁度接触する様に長さを調整する。


木工用ボンドで先端を接着し
更に内貼り紙で頑強に固定する。

こうすれば竹骨と、
体全体で荷重を支える事になるので
もうそうそう壊れる事態にはならない筈だ。

もう一方の脚も同じく接合。


右前脚、左前脚も同様に接合。


取り敢えず脚の取り付けは完成。

ちゃんと自立出来ている。
良かった良かった♪

首も同様にして接合。


パーツを分解した際に歪みが生じた為に
取り付け各部には隙間が出来てしまっていた。



その部分には糊で湿らせた和紙を埋め込み
更に和紙を貼り、段差を無くす。




その上に墨を塗った和紙を貼り、継ぎ目を目立たなくさせた。



それを全ての隙間に施し、取り付けは完成。

いやぁ、やっと完成したなぁ・・・・・・シミジミ

当方の作業は此処まで。
数日後、人形屋の好洋さんに引き渡した。
暫くして完成したとの連絡を頂き、
好洋さんのお店に伺うと、この状態に。

とても立派な姿になっていた。
最初はこんな感じだったのだなぁ。

所で、当方が引き渡した際の画像と
完成後の画像を見ると、首の角度が微妙に違っている。
これは好洋さんの方でより良い角度に調整をして頂いた由。

この馬がへしゃげた際に、
首の角度もちょと変わってしまっていた様なのだが
当時、当方の仕事のスケジュールが迫っていた為に
あまり考えずにそのまま取り付けてしまっていた。
かなり頑丈に取り付けたから
角度を変えるのは相当大変だった筈だ。
首を取り付ける際に、詰めて相談をして置くべきだったなぁ。
反省。

その他にも、今となれば
「あぁやれば良かったかなぁ」と思う所も少なくない。
何よりも竹の骨組みを勝手に組み込み
ボール紙や木工用ボンドなどと言う
製作当時には無かった材料で修復してしまったのだ。
将来の何時の日か、この馬の再修理があった際、修理担当者に
「なんだこのやり方は!?ヘッタクソな修理しやがって!!
 どんな素人がやったんだよ!!」
とボロ糞に言われるかも知れないが、それは仕方無い。
甘んじて受け入れるしか無い。
当方は今の自分の技術で出来る限りの精一杯の事はした積りだ。
これが当方の限界なのだ。

好洋さんで完成後の馬の撮影をしたのが2013年11月の事。
その後、依頼主の飛騨の造り酒屋へ無事に引き渡された由。
明けて2014年の夏。
飛騨に旅行に行った際に、その酒屋を訪ねてみた。
その店は重厚な佇まいの、それこそ古い造り酒屋だった。
残念ながら店先にその馬は無かった。
ひょっとしたら正月には店頭に飾られていたのかも知れないなぁ。
持ち主の元で飾られている姿を
見る事が出来無かったのは残念だったが
きっとこれからも大事に受け継がれて行くのだろう。
その手助けが出来たのだとしたら、とても誇らしい事だ。

とにかく、色々と勉強になったし面白い体験だった。
今後もこう言う作業があったらやってみたいなぁ。
好洋さん、どうも有難う御座居ました。


終り。


【余談】
馬に植えられていた毛(生糸)がかなり風化していた為に
作業していると細かく千切れて周囲に舞い散り
花粉症の様な症状になるわ、肌に付くとチクチクして痒いわで
それだけは難儀しました・・・・・・


馬の修理アーカイブスこちら

またよろしければ本家サイトの の方へも
お越し下さいませ(^−^)/

にほんブログ村 雑貨ブログ 和雑貨へにほんブログ村 美術ブログ 工芸へ人気blogランキングへ
作業全般 | permalink | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |

この記事に対するコメント

お疲れ様……
きのこ堂 | 2014/10/19 9:19 PM

>>きのこ堂さん
修復作業自体もそうですが、
blogに纏めるのも結構疲れました・・・・・・w
まねき屋 | 2014/10/19 10:20 PM
祝 完成
終わったことを、アップするのって
案外、、、どころかすごく大変ですよね。
モチベーションは低下しているけど
アップせねばならぬという義務感が
ちらちらと脳裏をかけるから。
とても楽しませていただきました。
ありがとうございます。
ポコマム | 2014/10/20 11:31 AM

>>ポコマムさん
最後までお読み頂きまして有難う御座居ました。
馬もblogも何とか完成させる事が出来ました。

色々と勉強になった、貴重で楽しい経験でしたねー
次の機会があるならもっと上手にやりたいです♪
まねき屋 | 2014/10/20 3:34 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hariko-nikki.hariko-manekiya.com/trackback/1001411
この記事に対するトラックバック