まねき屋の張子blog

まねき屋の張子作業に関するblogです
ぼちぼちと更新して行きます
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ドキドキ!きのこフェスティバル2015 | main | 「秋を愛でる」 〜ほとんどきのこ展 by Irias〜 >>

お化け物産展のお知らせ

今年も東京・谷中のイリアスさんで
毎年恒例の「お化け物産展」が開催されています。
期間は8/6(木)〜8/25(火)。
当まねき屋も参加させて頂いています。
谷中散策の折に覗きにいらして頂ければ嬉しいです。

詳細はイリアスさんのサイトでご確認下さい。
(左のロゴをクリックして下さい)



今年は以下の新作を含めた色々を出品しています。
こちらは「河童の首振り」。

起き上がり小法師は以前からありましたが
首振りは新顔です。


こちらは今年の問題作?「泥田坊」。



泥田坊の資料としては有名なこれ↓しか無く

この一枚しか無い平面の物を立体化する時に
この線の描き方と
解説文にある「目の一つあるくろきものいでて 」を
どう解釈するかで形が全く変わって来ます。

特に目の部分。
これを「左目がコブで塞がれている」と
解釈した物が銅像となって水木しげるロードに
設置されています(Wikipediaの画像→こちら)。
ですが、当方はより妖怪らしい
一つ目小僧型の容貌を選びました。

泥田坊は上半身しか描かれていないので
起き上がり小法師にしやすい形の為、
以前から作ってみたかったのですが
手をどう作るか、の問題で中々出来ませんでした。
それが今回やっと形に出来た次第です。
因みに、彩色も3種類やってみました。

解説文には「目の一つあるくろきものいでて 」とあるので
奥の彩色の物が文意に添っているのでしょうが
挿絵のイメージでは真っ黒くは無い感じですねー
なので褐色系のも作ってみました。


妖怪展に合わせて
今年も「夏季限定 妖怪・おばけ特集ページ」を開設しました。

よろしければ本家サイトの の方へも
お越し下さいませ(^−^)/

にほんブログ村 雑貨ブログ 和雑貨へにほんブログ村 美術ブログ 工芸へ人気blogランキングへ

 
お知らせ | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |

この記事に対するコメント

師匠の干支の張り子はメタンコカワイイのに、何故、妖怪の張り子は、ややこしい造形なんぢゃろか?今年は、全妖怪投入なんですね〜('ε')
師匠はかわいいディフォルメお得意なのに…
妖怪ウォッチみたいなのつくってくださいませ〜!!
GENZO | 2015/08/11 2:59 AM

>>GENZOさん
コメント有難う御座居ますー
可愛い妖怪は本家に任せて、当方はリアルさを追求しようかとw
その方が当方も作業していた楽しいので♪
まねき屋 | 2015/08/13 11:25 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hariko-nikki.hariko-manekiya.com/trackback/1001422
この記事に対するトラックバック